読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッドノウハウ度の高いツール

プログラミング


ここのところ、autoconf/automake/libtoolを触ったりしているのだけど、さぱ〜りわからない。
そう、あれです、近頃はたいていのものはパッケージでインストールできますが、
たまにソースからコンパイルしてインストールするときに呪文を唱えることができるようにするためのあれです。
とりあえず、手元で簡単なhello worldのCプログラムをconfigure→makeできるようにはしてみた。

narazuya@bokkko% ./configure                      
checking for gcc... gcc
checking for C compiler default output file name... a.out
checking whether the C compiler works... yes
checking whether we are cross compiling... no
checking for suffix of executables... 
checking for suffix of object files... o
checking whether we are using the GNU C compiler... yes
checking whether gcc accepts -g... yes
checking for gcc option to accept ISO C89... none needed
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
configure: creating ./config.status
config.status: creating Makefile
config.status: WARNING:  Makefile.in seems to ignore the --datarootdir setting
config.status: error: cannot find input file: config.h.in
narazuya@bokkko% make                               
gcc -DHAVE_CONFIG_H -c -o hello.o hello.c
gcc -o hello hello.o 
narazuya@bokkko% 

なんかerror出てる。config.h.inがないとか言われているが、どう編集していいのかわからない。
とりあえず、↓が今日届いたので勉強する予定。

GNU Autoconf/Automake/Libtool

GNU Autoconf/Automake/Libtool