読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MercurialとX-MAC-JAPANESE

Mercurialを使ってMacとUbuntuで設定ファイル等の同期をとるようにしようとしたんだけど、なんかうまくいかない。
Mac側からLinux側へリポジトリを複製するのはうまくいくんだけど、その逆をやると、

abort: unknown encoding: X-MAC-JAPANESE, please check your locale settings

となる。いろいろ調べてみると環境変数HGENCODINGを設定したらエラーが出なくなったとか、
hgコマンドのオプションで--encoding=utf-8とやったら動いたとか出てきたんだけど、
どれをやってもうまくいかなかったので、結局、Mercurialのソースをいじることにした。
変更したのはutil.pyの以下の箇所*1。今のところUTF-8しか使っていないので、とりあえず応急処置。

35,36c35
< #        _encoding = locale.getpreferredencoding() or 'ascii'
<         _encoding = 'utf-8'
---
>         _encoding = locale.getpreferredencoding() or 'ascii'

*1:バージョンは1.0