読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢と抱負の話

 

去年から続々と30代に突入していき、誕生日を祝われつつも苦笑いを浮かべている同僚達と話しているときまって自分の年齢を聞かれる。そのたびにカミングアウトすると

 

「bokkoはまだ2○歳か〜、いいなぁ、若いなぁ」

 

などとどの人からも同じ返答が返ってくるのだが、20代後半となった今、大学生と話したり仕事したりしていると僕も歳をとったものだと感じる。

なんというか彼らが持っているようなエネルギーを当時の僕も持っていたはずなのだが、最近はほとんど失われてしまっているように思える。

行動力というか積極性というかいい意味での無鉄砲さ、みたいな?歳相応に落ち着いてきたのかもしれない。(学生時代からの僕を知ってる人なら「嘘つけ。お前全然変わってねぇじゃねぇか」と言うことであろう。そしてその人はきっと正しい!)

 

とはいえ「イマドキノワカモノハ」というセリフを吐くにはさすがに早すぎるので、「30代に突入するまでにあと1回ぐらいは何か大きなことを成すチャンスはあるかな」という密かなる野心を抱きつつ、今年はちょっと本気出そうかと考えているのでした。